筑波大学の宿舎の全貌を公開。

筑波大学 学生宿舎のすべて

豊富な情報量で宿舎紹介一番のサイトを目指します。

宿舎とは

毎月の家賃が2万円以下と破格、電気も77%OFF、水道ガスは無料の宿舎ですが、実際は刑務所かと思う部屋も。他のサイトが書かない宿舎批判を集めました。

詳細を確認する

入居・生活

宿舎内部の写真や宿舎生活に必要なもの・必要でないものなど、実際に宿舎生活を体験した筆者が徹底的に解説しています。

詳細を確認する

Q&A

宿舎入居や退去、引っ越しや近隣の店のことなど、一問一答形式で書いています。


詳細を確認する

アパート

当サイトでは、宿舎を紹介しておきながら入学当初からアパートに入居することをオススメしています。なぜなら2年次から追い出されてアパート暮らしになるからです。

詳細を確認する

宿舎入居はやめるべき5つの理由

1.一の矢宿舎と追越宿舎の浴場について、大学本部は平成26年度から個室シャワーの整備による利用者減少を理由に営業停止をする予定です。追越と平砂は距離が近いのでなんとかなりますが、食堂のない一の矢宿舎から浴場を取り上げれば何が残るのか、という話です。シャワーは各棟に整備されつつありますが、それだけでは生活に支障が来すことが考えられます。(浴場が残る平砂宿舎とは距離にして3km離れており、浴場のための移動は非現実的です)
唯一残っている平砂宿舎の浴場も経営が厳しいと筑波大学新聞が報じており、宿舎から全浴場が廃止されるのも時間の問題です。
人間生きていく上で、シャワーだけでは生活できません。たまには風呂に入ることも重要です。しかし今は「個」の時代と呼ばれ、昔のような大浴場は好まれません。アパートやマンションのような、きちんとユニットバスのある部屋で生活するべきです。
2.つくばは田舎ですので、月3万程度の家賃でユニットバス付6畳・洗濯機中置きなど充分アパート暮らしができます。
3.2年次以降の居住は基本的にはできません。抽選から漏れた場合はアパートを探すことになります。引っ越しは苦痛です。1年からアパート暮らししたほうがいいのは明白です。
4.ページを見れば分かるが、宿舎は改修棟であっても劣悪な環境にさらされるリスクがある
5.一の矢宿舎は浴場も食堂もなく、未改修棟も多く、いつ取り壊されてもおかしくない環境にある(そもそも大学に宿舎が必要?)

つきまして、宿舎を検討しておられる理系学類(半分近くの確率で一の矢宿舎入居となります)の親御さんがおられましたら、お子さんに宿舎入居を勧めるのはおやめください。それでも宿舎を希望であればリスクをご考慮ください。

このサイトを開設した理由

ここに大量の情報をWebに公開する理由は、現在の宿舎の環境を早急に改善してほしいという願いはもちろん、宿舎に入るのであれば相当な覚悟を持って入ってほしいからです。
私のように途中から抜け出してアパートというのもアリではありますが、引っ越しを二回するのは余計な費用もかかりますし面倒です。宿舎とアパートを豊富な情報を持ってみなさんに平等に選んでほしい、私のように偏った情報だけで選んでしまって後悔するようなことはしてほしくない、という思いがここまで動かしました。
大学に問い合わせても管理事務所に問い合わせても詳しい情報は教えてくれません。であれば中から発信してやろうというのが今回の企画の意図です。
※特に大学は「運営は管理事務所に任せている。赤字の業者も別組織なので支援はできない」とまるで土地だけ貸しているような態度をとります

私のように「詳しい情報を教えてくれなかったがために入ってびっくり、がっかりした損した」という人を減らすことにこのページが少しでもお役に立てれば幸いです。
よろしければ筑波大学 学生生活のすべてもご覧ください。

最新の情報