筑波大学の宿舎情報を紹介。

静脈認証システム

静脈認証システムは、各棟への侵入は防御できますが、各階・各部屋・異性の侵入は防御できません。

こいつは厄介なシステムです。写真見た方が早いと思いますので随時説明を入れていきます。
ちなみにこのシステムは入居申込時(というか合格通知と一緒に同封されてます)に入ってる静脈認証システムのパスワードを設定してね、という紙によってパスワードが決まります。IDは固定です。ちなみに前述しましたが引っ越し業者が出入りしたりするので入居日の4月7日前後から、4月中旬ぐらいまでは静脈認証システムなしで入ることができます。
一部の棟では本来ロックされるはずの扉に入居者がブロックやコンクリを挟んでいたり、なぜか既に半開きで実質機能していない棟もあり、完全に第三者の侵入を防げるという物ではありません。過度な期待は禁物です。

静脈認証システム
電話の横にある怪しげな変なのが静脈認証システム()です。

ちなみにこの静脈認証システムも親や入居者に無駄な安心感を与えるだけの名称で、実際は静脈らしき部分をタッチさせる必要があるだけで(論理的には電流の流れるものであれば何でもいいらしい)、別に何ら普通のIDパスワードシステムと変わりありません。静脈と名がついていますが、うまく工夫すれば静脈を持たないロボットでも入室できそうです。

デフォルトでこんな画面になっています。私の顔が反射してしまっていますがまあ顔が映っていないのでよしとしましょう。

というのはどうでもよくて、「IDを入力してください」と表示されています。ここでIDを入力します。これは号棟+部屋番号の形になっていてたとえば20号棟402号室なら番号の部分にタッチして「20402」と入力します。ちなみに入力間違えた場合は厄介です。後述します。

はい、入力しました。

ここで本体の下にちょっぴり銀色の変なのが飛び出ているのがわかりますでしょうか。これがよくわからない静脈センサーです。これをもって静脈認証システムというのはわたしはいささか問題があると思います。

これです。この銀のやつです。本体下のこの部分にどの指でもいいので爪先の皮膚をちょろっと接触させます。指を触れるとなると電流が流れてくるんじゃないかとかはじめは不安になりますが、そんなことはありません。あくまで検知するだけですので。別に静脈、というかとにかく皮膚を接触させればピーっと音が鳴って次のパスワード入力の画面に移行します。

ちなみにIDを間違えると、というか桁数が違ったりしてあきらかにこの機械のデータベースに存在しない物を入力すると「IDがありません!」と表示されて最初のIDを入力してくださいの画面に戻るのですがその戻るまでに5秒程度待たされます。これが非常に厄介なのです。間違えたときに一文字消すキーもないので(F3F4あたりに割り当てればいいものを)間違えた場合はおとなしくセンサーに触れてはじいてもらわなければならず最悪です。

すると今度はPasswordを聞いてきます。同じように入力して入力が終われば本体下の銀のセンサーをタッチします。

パスワードが違って認証に失敗すると「もう一度入力してください」と表示され5秒待たされたあと最初の画面に戻ります。急いでいるときとかにはじかれると非常に厄介です。ちなみに急いでいるときこそ雑にやってしまうので、何度もはじかれて余計イライラします。

認証に成功するとこのように明らかにユーザーをなめちぎっているかにしか見えない文章が表示されます。

こんなしょぼい機械にようこそなんて言われても何も嬉しくねーよと思いつつ。認証に成功すると解錠されて中に入ることができます。ちなみにドアを閉めて2秒ぐらいで再び施錠されます。中からどのようにして開けて出て行くかについては後述します。

なぜ静脈システムなのか

昔はこの名前で、本気で静脈認証システム(静脈を読み取ってパターン化して認証するシステム)を導入したそうですが誤検知が多く本当の人でもはじかれるという現象が起きたため、急遽この確実に認証できるIDパスワードシステムに移行したようです。それでも名前は変わらず「静脈認証システム」なので、この矛盾が起きているのです。


ドアの裏には「WARNING 猫」といわんばかりの掲示が。猫がかわいそうです。

開けっ放しにすると警報機が鳴り響き
、とありますが実際は警告灯が回転するだけで鳴り響かないです。なので別に開けっ放しでも周りに迷惑はほとんどかからないです。

ちなみにドアを開けるときはこのボタンを押すか、あるいはドアの鍵を自分で回して開ければ出られます。

写真がぶれてしまっていますが、ここのドアの鍵を操作しても出られます。
「故障の原因になる」とか書かれてますけどそんなの無視です。

ここが1Fです。この緑のドアのむこうが1Fのフロアになります。ちなみに上のオレンジのやつがいわゆる警告灯です。別にこれぐらいの大きさのやつが警告音なく回るぐらい正直どうでもいいです。

というか、物理的には閉まってるのに自動施錠してくれなくて一人で警告灯が回ってるという意味不な挙動してるときあるので静脈認証システムなんぞ無意味です。不審者が絶対に侵入してこないなどと過度な期待をしてはいけません。ないよりは多少マシ程度です。(そもそも外部の不審者というよりは異性やらを侵入させないという意図が強そう)

階段はこんな感じです。改修棟はもうちょっときれいでマットが貼ってあったりしますが、未改修棟はこんなもんです。ちなみに見えると思いますけど、建物内に階段あるくせに網戸の一つも無いです。(改修棟も同じ)確実に夏になると蚊がここから入ってくるのは目に見えてます。冬もここから冷たい風が・・・と思うと苦痛です。

4Fまで上がってきました。ちなみにエレベータなんぞいう豪華な物はないので4Fの人でも普通に階段を6個分上がってこなければなりません。毎日行き帰りだけでも12個、それ以上だともっと増えるわけですから確実に負担になります。運動になるからいいやと考えている方、ここまで自転車で行って帰ってくるのです。自転車走ってる時点で既に十分な運動になってます。4Fははずれだと思った方がいいかと。体専とかでもない限り、毎日が鬱になるぐらいかなりのストレスになります。
電気メーター
ちなみに上の写真左手にある電気メーターをのぞくとこんな感じです。各部屋ことに独立しています。私は2ヶ月ギリギリで出て行って電気料金は返金からさっぴかれたのでよくわかりませんが、聞いてみたところ「3ヶ月ごとにレターボックスに金額の書かれた紙が放り込まれるのでそれを持って支払いに行く」そうです。電気代が3ヶ月ごととはさぞかし安そうです。私もそれなりに使いましたが、2ヶ月で2,500円程度でした。普通より3分の1程度安そうです。これで3ヶ月で5,000円を超えることはないのではないでしょうか。

メーターの右にある怪しげな配電盤を開けるとこのようなのが見えます。
ここから各部屋のブレーカーを強制的に操作できますがいたずらはやめましょう。

で、ここのブレーカーを見るとすべて20Aとなっています。メーターの方は30Aですがブレーカーが最終的なあれなので20Aで送電されていると思います。

共用フロアです。最初は綺麗でしたが2ヶ月も経てばこんなに散らかります。(まあ体専の人が火蓋を切ってちらかしていきますね)
まずはシューズラックを中におくスペースがないので外に置いたりだとか、服を外に干したりだとか、挙げ句の果てには日用品を外に放り出したりしてます。

フロアこんなに広くせずに居室広くしろと思うんですがね。 夜になるとほかの居室の人がここに友達を呼んだりして騒がしくなります。
私物が散らかる共用フロア
この写真に映っている部分は縦4m、横5mでおそらく20m2ぐらいはあると思います。入居直後は家電の空段ボールなどが散らかっていましたが、それが片付くと今度は物干し台を設置して服を干すようになったり・・・こういうのはマナーの問題ですので、綺麗汚い関係なく改修棟でもみなさんやってるみたいですね。

じゃあトイレや洗濯機やらはどこにあるんだという話になるんですが、先ほどより少し後ろに下がったところにこんなドアがあります。しかも作りからして昭和の香りがします。


入ると待ち受けるのはこんな感じの光景。これ一体何に使うんだと言わんばかりの流し台。だって部屋に洗面台ありますし、調理室に行けば流しはありますし、いまいち存在が謎です。
ちなみに洗剤とトイレットペーパーについては管理事務所というかおばちゃんが補充してくれてますが、アタックみたいなものは居住者の持ち込みかと思われます。

ただし補充されるトイレットペーパーは超安物のカラッカラのものです。あるんだからありがたく思え、というやつですね。
しょぼい洗濯機


こちらが洗濯機です。4.5kg、正直しょぼいです。(あまり入らないです)
しかもCOIN WASHERとあるので思いっきりコインランドリー用です。洗濯機はSANYOのASW-J45Cです。(改修棟でも同じです)
100円ですすぎやら脱水やらの全行程を行います。だいたい30分ぐらいかかります。
とりあえずないよりかはある方がマシだろ、一番しょぼいのでも動けば何でもいいだろ感がぷんぷんしてきます。
この洗濯機より普通の家庭用(電気屋で売ってる洗濯機)で洗った(といっても宿舎にいる限りはどうにもできないのでアパートに行くしかない)方が脱水もしっかりしてくれます。白さが全然違います。しかもゴミ取りフィルターが外されているので、服についているゴミがのくことはなく循環してほかの服についたままになります。正直100円出してまで洗う意味は汚れを落とすだけです。ゴミはのかないです。コインランドリー式洗濯機はクソです。

洗濯機の前面部分にこのような説明が貼ってあります。
乾燥機については30分使用できますが、衣服へのダメージが想定つかないので今まで使ったことはないです。(乾燥なんて部屋干しでいいじゃん)

棚・カゴの利用についてとありますが、未改修棟には棚はありません。一つ数千円の代物なんだから早く設置してくれてもいいのになあ(でも設置したところで使い道が不明ではありますが)
また、故障発生時返金の連絡先も書いてあります。

乾燥機は30分100円でガス式となっています。写真には写っていませんがこやつを設置するために大きな配管が見えます。
正直なところ乾燥機を設置するよりもその分のお金を省いて洗濯機をもう少しいい物にしてほしかったですね。
個人的には、乾燥機にかけるとダメになる服もあるので、天日干しをしたいのですが宿舎では無理です。突っ張り棒を使っての部屋干しか、共用フロアで干すことになります。
誰かが放置したフライパン
調理室のガス台。未改修棟だけあって見るも無惨な光景です。さらにこちらが調理する気が失せるのが、時によってほかの方のフライパンがおきっぱになってるということ。これを使うなんていうことはまずあり得ませんし、自分のフライパンを置くとしたら今置いてあるのはどこに置くのかという話になりますし、そういうのを考えてあとからガチャガチャいわれるぐらいなら調理しない方がマシ、となってしまいます。
誰かが放置した流し
そしてガス代の横にある流し台ですが、これもほかの入居者が散らかしたものです。一時的にしてもこれはひどいです。

フライパンなどを買ってきても、収納スペースがないのです。調理台の下の収納スペースはおそらくあまりに汚くて収納できないんでしょう。自室に水物はできるだけ持ち込みたくないでしょうし、ここで自然乾燥させようとでも企んでいるんでしょうかね。
抜かれた蛍光灯
共用フロアの蛍光灯ですが、去年の地震の影響でしょうか、節電対策か何か知らないですけど蛍光灯が抜かれています。

抜いているのなら抜いてますとでも一言掲示すればいいのに何もないから困ったものです。事務所の方は引っ張り抜くだけですむでしょうけど、私たちはここに住んでいるのです。学生に良好な勉学の環境を提供とはどこへやら。



このページは分割されています(2/2)。その1へ戻る

page
top