筑波大学の宿舎情報を紹介。

シーツ交換

最初の入居時に「寝具交換所」とやらいうところにクリーニングされたシーツを取りに行きます。以降、10日ごとに無料交換してくれますが、正直10日ごとにそんなところに行くのはだるいです。休み時間は素直に休みたいです。とかいって私のように2ヶ月放置とかはしないようにしましょう。寝具取扱所
こんなところを案内に従って歩いて行くと、

これが寝具取扱所です。歩いて3分ぐらいかかる(距離にして150mぐらい)ので正直疲れます。

ゴミ捨て

宿舎のゴミ捨て
このようなゴミステーション的なところが宿舎の敷地内の至る所に設置されています。

近づいてみると、こんな感じです。この怪しい目のステッカーが個人的に好きではないです。「誰かが見ている」ということを伝えたいのでしょうか。この運営の上から目線というか、大学生をなめている態度は気に入らないです。まるでなんか小学生や中学生を相手にされているような。(家賃の低いところには常識のない人間が集まると言いますし、まあ仕方ないんですかね)

ゴミの分別


燃やせる  月〜金 毎日
空き缶、ビン  火
ペットボトル  木
燃やせない  木
粗大ゴミ  有料、予約要

燃やせるゴミが毎日ってのはなにげに嬉しいです。(つくば市のふつうのゴミ収集は週2です)まあ宿舎で人が多いから、というのもあるのかもしれません。
管理事務所などに連絡などする必要なく、ふつうに勝手に開けてゴミ放り込んでちゃんと閉めてくれさえすればそれでいいです。
入居時につくば市公式のゴミ収集表を渡されますが、宿舎にいる間はそれは役立たずで、上の分別日(念のため机の中に入っているマニュアルを確認してください)に従った方が幸せです。アパートやマンションに行くと市の分別日に従うことになります。

袋についてですが、燃えるゴミについてはつくば市指定ゴミ収集袋(入居時に配布されますがなくなれば管理事務所に行けば無料でくれます)、それ以外のゴミ(燃えないゴミ、ペットボトルなど)については100均などに売っているその辺のゴミ袋を使います。これは宿舎を出ても同じです。


また、数カ所ではありますがこのように粗大ゴミ置き場もあります。たまにここに有用な物が捨てられていて、拾って使うこともできます。(そもそもばれない)写真の真ん中ら辺のいすは、まだまだ使えそうです。※仮設とありますが、常設です。移動する気はさらさらないみたいです

宿舎へのアクセス(入学後重要)

一の矢宿舎の場合です。平砂、追越宿舎の場合はこれとは逆方向に進みます。















自動車について



自動車ゲート
自動車は大学規則で通学に使うことは禁止されていますが(特殊な場合のみ許可されるようです)、宿舎にとめておくことはできます。
ちなみに原付は禁止されておらず、宿舎の場合は前述した自転車をとめるスペースに止めることができます。
大学に行く場合でも所定のスペースがあるようで、そこにとめることができます。
宿舎に自動車をとめる場合は、これだけ大学がらみが必要で、大学に申請して管理事務所に申請して、といろいろ必要なようです。詳しくは管理事務所に聞いてみてください。(ほとんどの人は関係ないはず)

居室の鍵をなくした場合


対応については上の写真の通りです。ちなみに一の矢宿舎にはないみたいですが、平砂宿舎にはオートロックというかドアを閉めた時点でロックされるインロックとよばれる構造の鍵があるらしく、その場合は鍵閉じ込めてしまいました()なんて言うことも起こりえますし、無くした場合は取り替え費用もバカ高くなる(2万超え?)と思われます。

このページは分割されています(4/4)
前のページへ



page
top